親と子供のコミュニケーションの大切さ


終活という、キーワードのなかで大切なことがあります。

それは、「親と子供のコミュニケーション」

何故なら、親の心、子知らずと昔から言い習わしてきましたが、子どもは親を知ろうとしないまま、
自分も老いていくのが通例です。

「親は子供に向き合い、子供は親に向き合っていない。」
「親は子供のことを知り、子供は親のよくことをよく知らない。」

そういった状況で、もし親が終活を考えているとき、親子の考えに温度差が発生します。

あなたの親が、もし終活を考えているときには、親と向き合う時間を積極的に作ってください
その時間こそが、親が持っている「価値観の変化」に気がつくことになるため、
親子にとっても、好ましい終活の引き継ぎができる、機会になります。