エンディングノート

エンディングノートを書く時のポイント

書店に並んでいるエンディングノート。著者が違っても書かれている目次と内容はほぼ共通しています。
(ここでは、詳しい項目よりも、事前に知っておいて欲しい知識を説明します。)

エンディングノートは、買ってから何も書いていないケースもあり、
実際に、部屋にあったエンディングノートが、綺麗にしまってあった例などに遭遇すると、
「何から書いていいか分からない」そこに理由があります。

別のいい方をすれば、エンディングノートは「書くこと」に戸惑いを覚えることが多いからです。

1. 「できることだけをやる」よりも、「できることから始める」

今後起こりうる不測のこと死後のことを考え巡らようとすると、実際には難しいものです。
そのためまずはできることから書いていく、自分にとって何が一番必要かを書いて下さい。

1 感謝の気持ち
直接、言葉で伝えることに戸惑いがあっても、気軽な気持ちでノートに伝えられる。

2 備忘録として使う
住所録や連絡先などをノートにまとめておくと、普段の生活でも便利です。
その際に、エンディングノートは役立ちます。

エンディングノート

2. 段階的に、書き進めていく

多くのノートに書かれている共通項目のなかに、「終末医療」「介護」「お墓」「葬儀」「財産項目」などがあります。その前に、もしあなたが突然、倒れてしまったときのケースを考えてみます。

1 緊急連絡先
もし、意識がなくなってしまった場合に、第一発見者に、誰に連絡を取ればいいかを明確にする。
要緊急連絡先には、優先順位と病歴及び今飲んでいる薬は必ず書いてください。
薬名を書く理由は、そのことが伝われば搬送先の病院で役立つからです。

3. ノートに残っている項目を見てみる

少し書き始めたら、一度立ち止まって空いている項目を気軽な気持ちで、目を通して見てください。そこで、じっくりと廻りの人たちのことを考えてみてください。

1 必要なことだけを考える
市販されているノートの項目は、共通項目が多く主に書かれています。
「財産のこと」「負債」「年金」「パソコンデーター」「遺言書」「病気の履歴」「介護」
「終末医療」「葬儀」「お墓」「終の棲家」「遺影」「ペットのこと」「後見人」「相続」」など。
ここで大切なのは、あなたにとって必要がなければ考えなくて、いいこともあるはずです。

そのため、家族と周辺の人に、何を残しておきたいのか必要なことを書いてから、空欄の部分で伝えたいところを書いてください。そして、想いが伝わるノートに完成してください。

まとめ

エンディングノートの役割は家族などが判断に迷わないように残すもの。
何を書くか迷ったら、まずは感謝の気持ちを伝える。